北野日奈子さんの「希望の方角」

北野日奈子

2022年1月31日の北野日奈子さんのブログ

目次

北野日奈子さんの「希望の方角」

本日次のブログは北野日奈子さんです。

希望の方角

ブログの概要


乃木坂46の北野日奈子です
私はこの先もずっと続いて行くであろうこの道とは違う、新しい道へ進むことに決めました。
優しくて温かいこの場所を離れることを決めたのは去年の今頃です。
いつかはこの場所から旅立つ準備をしなくてはならない。乃木坂46が大好きだから、みんなが大切で大好きな気持ちだけが私がここにいた大きな理由でした。
好きなままの昔も今もここを去る理由なんてどこにもありませんでした。
私の『いつか』はいつ来るのだろうと卒業をしていったメンバーを送りながら、頭の中にあるはずの『いつか』をいつも探していました。
自分の靴の紐を何度も結び直し冷静になっては涙で前が見えなくなったり、普段通りが普通が分からなくなり朝が来るのが怖い時もあったけれど、
どんな私でも受け止めてくれた大好きなみんながいるこの場所。
そんな自分にとって特別な場所から、自分の意思で去ることを決めました。
私は乃木坂46を卒業します。
応援して下さる皆さん
気にかけて下さる皆さん
こんな私でしたが、いつも側にいて下さりありがとうございました
どんなに心強かったか、どれだけの気持ちをもらってきたか、どれだけ救われたか
思いに言葉が足りなくて、何を言っても伝えきれません。
こういう時に困らないように、もっと勉強しておけばよかったとちょっと後悔します。笑
でもたぶん、いや絶対にどんなに勉強をしてもどんなに言葉を知ってもこの思いを言葉にすることはできないような気がします。
本当に幸せでした。大好きな大切な場所で自分らしく過ごしてきて、こんなにも大切な皆さんに大切にしてもらえて。皆さんからの愛のおかげで私はたくさんの愛を心に溢れるほどもつことができました。
応援して下さった皆さんの存在なくしては
私はなにもなかったままだと思います。
この一年、時間というものについてよく考えるようになりました。どんなに願っても過ぎて行く時間、みんな同じでそれぞれに限られた時間があるなか、私に愛を向けてくれたり思ってくれたり、私がいないところでもきっと心や頭に私の存在を置いておいてくれたと思います。
ここ数年は直接会って目を合わせてお話しすることができず、私と皆さんとの気持ちの温度を合わせることが環境的に難しいこともあったと思うけれど、離れていてもお互いの気持ちをずっと繋ぎ合えてたのは、強い絆と気持ちがあったからなのかな。。
嬉しかったです、ありがとうございました
卒業は4月いっぱいを予定しています。
残り、3ヶ月ないくらいです。
不思議な感じです。乃木坂46の北野日奈子が終わる時間が生まれたこと。
どう過ごしていこうかな、楽しく過ごすのはもちろん尊敬する大好きなみんなと同じグループで居られることを噛みしめながら、大事な瞬間を見逃さないように少し緊張しながら、私らしく最後まで走り抜けたらと思います。!
去年から卒業に向かって動きだしてはいたけど、こうやって皆さんに自分の言葉で伝えるとより実感するものなんですね。この場所が大好きでした。
29枚目のシングルには選抜アンダーとしては参加しません。
選抜アンダーとして最後の参加曲のポジションは
選抜二列目下手端でした!上出来です。有難いです。
選抜アンダーと繰り返し、自分のポジションと向き合ってきた9年間。
どちらの席も私を強くしてくれました。色々な壁にぶつかったからこそ、ここまでグループに残ることができました。
アイドルとしては正々堂々と真っ直ぐに走ってこれたと思います。そんな自分を誇りに思います。
思い出すと本当に色々なことがあったなぁ
皆さんと思い出を語り合いたいな、卒業までのどこかでタイミングを作って話そうね
2月8日に発売される私の2nd写真集
『希望の方角』
乃木坂46として最後の写真集
写っている本人の私が泣きそうになってしまう笑。本当に素敵に仕上がりました。
もう少し、楽しみに待っていて下さると嬉しいです
皆さんにお知らせしたい嬉しいことが
まだいくつかあるんです。!
皆さんと育てる『希望の方角』をおまもりに
最後の瞬間まで乃木坂46の北野日奈子をよろしくお願い致します。!
それまでにどんな思いを抱くのだろう
どんな思いを放つのだろう
皆さんに会えるといいな
大好きなメンバーやスタッフさんに感謝を伝えて過ごしていきたいな
希望の方角が大きくなっているといいな
応援して下さる皆さんの進む先に『希望の方角』がありますように
私の進む先に大きくなった『希望の方角』がありますように
またブログ書きます!
いつもそばにいてくれてありがとう
ずっとそばにいてくれてありがとう
だいすきです
3、4期生は乃木坂46を守りながらその道が続いていくように前を向いて立ち続けてくれています。
そんな姿を感じるたびに、みんなが乃木坂46にいてくれてよかったと心から思っています。
先輩達が繋げてくれた乃木坂46の道の延長線上はみんなが新しい道を自分たちらしく一生懸命に歩いていく事だと思います。
楽しいと思う気持ち、好きと言う気持ちを忘れないで自分たちらしくね。
大好きな先輩方
こんな私のことを大切にして下さり本当にありがとうございました。心が通い合った瞬間のことは今でも良く覚えています。
二期生のことを戦友として認めて下さり本当にありがとうございました。大好きな先輩達の後輩でいられこと本当に幸せに思います。
同期のみんな
みんなに出会えたこと、本当に嬉しいよ
こんな私を包み込んでくれて守ってくれてありがとう。言葉がなくても通じ合える、絆の強い二期生。私たち大人になったね、この先もずっとよろしくね

コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL